写真_沼木敬寿園

職員紹介

地域密着型特別養護老人ホーム

メッセージ

主任生活相談員兼
介護支援専門員
 鈴木いづみ

「沼木敬寿園に入って良かったなあ」と入居者様、ご家族様に思っていただけるようなサービスの提供を目指していきます。 また、職員も「沼木敬寿園で働けて良かった」と思えるような職場環境作りにも取り組んで行きたいと思います。


メッセージ

看護主任
日比野洋子

沼木敬寿園で生活される入居者様が、安心して穏やかな毎日を 過ごすことができるようにお手伝いさせていただいています。 どうぞよろしくお願いいたします。


メッセージ

管理栄養士
高橋歩

入居者様、利用者様を第一に考え、献立作成、栄養状態の確認を行っています。 毎日の食事が、皆様にとって楽しみになっていただけるよう、取り組んでまいります。


メッセージ

介護主任兼
ユニットリーダー
(びわの花)
鈴木大輔

沼木敬寿園として掲げている信条の一つで、入居者様が『その人らしく』生活を送れるよう、意識して取り組んでいます。入居者様の生活の継続、選択、決定が常に前提で1日を送れるよう、念頭に起きながら支援できるよう努力しています。 沼木敬寿園だからお願いしたいと思ってもらえるよう、ご家族、地域の皆様、関係者と関りを大切にした、支援を提供できるよう心がけていきたいと思います。


メッセージ

ユニットリーダー
(りんごの花)
吉田真理

植物に詳しい入居者様に花を植えていただけるようお願いし、一緒に植えました。他の入居者様は花を眺めて「きれいだね~」と言ってくださいます。植えて下さった入居者様からも笑顔が見られ、常に花を気に掛けられています。このなごやかなひとときを感じられると、なんとも言えない思いになります。 入居者様の思いや今までの生活に寄り添い、過ごしていただけるような関りを少しでも多く持つことを心掛けていきたいと思っております。


メッセージ

ユニットリーダー
(なしの花)
石山敦士

日頃から初心忘れず介護員の自覚を持ち毎日仕事に励んでいます。入居者様との関わりの中でお互いに笑顔で明るい雰囲気になった時、福祉の仕事のやりがいや達成感を感じる事ができ、そして仕事への自信に繋がります。

私たちはユニットケアの推進を行っていく中で、入居者様一人ひとりの個性や生活リズムに合わせ、個人のプライバシーを守り、個人を尊重し安全で安心して過ごせる環境作りと暮らしの継続のサポートをこれからも全力で頑張ります。

ショートステイ

メッセージ

業務主査兼生活相談員
伊豆田匡

4月に山形敬寿園の居宅介護支援事業所より異動になりました。
新しい職場で戸惑う事も多いですが、初心に帰り頑張っています。
利用者の方や職員が笑顔で過ごせし働ける、雰囲気を作っていきたいと思います。


メッセージ

ユニットリーダー
(みかんの花)
菊池純一

安全に、安心して過ごすことができるよう支援を心がけ、その人らしく、今までの暮らしが継続できるよう、努めていきたいと思います。
また来たいと思って頂けるようなケアを行っていきます。
どうぞよろしくお願いします。

小規模多機能型居宅介護事業所

メッセージ

業務課長兼
小規模多機能管理者
樋口和子

地域の中でご利用者の方々と楽しく穏やかに一緒に過ごせるよう、職員とともに日々 頑張っています。皆様、私たちの施設にぜひお越しください。お待ちしております。

グループホーム

メッセージ

管理者
佐藤勝敏

今までしてきた事を継続して、入居者様一人ひとりが望む生活や楽しみが増える様に、グループホームだからこそ出来る事を多く実施して、今後も少しずつ前進していきたいと思っております。


メッセージ

ユニットリーダー
(さわやか)
西田麻弥

4月よりグループホームに配属となり、日々の学びを大切にし、入居者様一人ひとりが毎日笑顔で明るく、楽しく、安心して暮らしていただけるよう支援していきたいと思っています。


メッセージ

ユニットリーダー
(なごやか)
大場玲緒奈

入居者様が穏やかに安心して生活ができるように、また、生活の中に笑顔の時間が1秒でも多く過ごしていただけるように、明るく笑顔で入居者様に寄り添うことを心掛けています。