写真_埼玉さくらんぼ館

特別養護老人ホーム

(介護老人福祉施設)

サービス内容

特別養護老人ホーム埼玉さくらんぼI番館は、広域型サービスで、要介護1以上(要介護1~2は特別要件あり)の認定を受けた方が入居できる施設です。
入居された方々の状態を踏まえ、お一人お一人に最適な入浴・食事・排泄・趣味活動・身の回りのお世話等を行い、安心と生きがいを感じていただけるようなサービスを提供いたします。

ユニットケアとは、共同生活室(居間兼食堂)を中央に置き、その周りを囲むように居室を配置して、1つの生活単位として構成されたものをいいます。

生活風景/行事

行事写真 行事写真 行事写真

ご利用者様の声

「全体的にサービスは満足しています。いつも楽しく生活しています。」

「毎日皆さんと、楽しく過ごしています。ここへ来て良かったです。」

「歳をとると納得いかないこともあるけれど、ここにいる以上は、皆と仲良く楽しく過ごすのが一番だと思っています。」

「楽しい生活を送らせてもらっているが自由にならないこともあり、一人でちょっと家に帰りたい等が出来ないのが少しさびしい。」

「毎日、極楽で過ごしております。食べ物も美味しいし、快適です。職員さんも親切で快適です。」

お食事の紹介

食事写真食事写真

左:行事食例(重陽の節句・常食)
右:行事食例(敬老の日・常食)

管理栄養士からのコメント

お食事は、栄養バランスを考えながら、四季の移り変わりを感じられる、家庭的なお食事を提供できるよう心掛けております。
また、季節の節目となる節句料理も楽しんで頂きたく、『重陽の節句』には菊の花を使った料理や栗ごはんを、そして敬老の日には長寿のお祝いとして『松花堂御膳』をご用意させて頂きました。
いつもとは趣向の違った器や食事内容に、多くのご利用者様からご好評を頂くことができました。

これからも「食事の時間が楽しみ」と感じて頂けるようなお食事が提供できるよう、日々の業務に励んで参ります。

管理栄養士

支援体制

介護

  • 入浴介助
  • 食事介助
  • 排泄介助
  • 機能訓練

自立性を尊重し、プライバシー保護を念頭に生活にリズムと季節感を採り入れ、充実し安心して生活できるよう支援をおこないます。

スタッフ

  • 生活相談員
  • 介護支援専門員
  • 看護職員
  • 介護職員
  • 管理栄養士

専従のスタッフがご利用者様の立場になって、まごころこめてお世話させていただきます。

利用条件

介護保険制度での要介護認定を受け、要介護1以上(要介護1~2は特別要件あり)の認定を受けた方で、在宅において生活することが困難である方が入居できます。

利用料金の目安

所得段階ごとの区分

区分 摘要
第1段階 住民税非課税世帯で老齢福祉年金又は生活保護を受給している方
第2段階 住民税非課税世帯で合計所得と課税年金収入が年額で合計80万円以下の方
第3段階 住民税非課税世帯で上記第1、第2段階以外の方
第4段階 住民税非課税世帯(本人が住民税を課税している又は同じ世帯に住民税課税者がいる)

利用料金月額の目安(30日換算/単位:円)

介護区分 第1段階 第2段階 第3段階 第4段階
要介護1 58,380 61,080 83,580 135,180
要介護2 60,630 63,330 85,830 137,430
要介護3 63,060 65,760 88,260 139,860
要介護4 65,340 68,040 90,540 142,140
要介護5 67,560 70,260 92,760 144,360

※上記の他、加算料金が発生する場合があります。

※利用料金の内訳は、介護保険料(利用料)の1割に地域加算の10.54%を乗じた値を計上、さらに、居住費、食費、雑費の合計となります。

※食費の内訳は朝食350円、昼食(おやつ含む)680円、夕食350円です。

特別養護老人ホーム 入退所指針

下記のリンクより、埼玉さくらんぼⅠ・Ⅱ番館 特別養護老人ホームの入退所指針について、ご確認いただけます。

特別養護老人ホーム 入退所指針

利用申込方法

次の電話番号までまずはお気軽にご連絡ください。

TEL 048-799-3066