キャリアパスの公開

 敬寿会では、働く職員一人ひとりが「より質の高いサービスの提供」、「誇りとやりがいのある明るい職場」を目指して仕事に取り組めるよう、生涯にわたるキャリアパスを定めています。

 ある職位や職務に就任するために必要な一連の業務経験とその順序、配置異動のルートを「キャリアパス」といいます。どんな仕事をどれくらいの期間担当し、どの程度の習熟レベルに達すればどういうポストに就けるのか、キャリアアップの道筋や基準・条件を明確化した人材育成制度です。

 昇進・昇格のモデル、あるいは人材が最終的に目指すべきゴールまでの道筋のモデル、仕事における専門性を極める領域に達するまでの基本的なパターンです。

 キャリアパスを示すことで、職員は中長期的にどのようなスキルや専門性を身につけていくべきかを理解できるともに、自己の目指すべき道を自己で考察する材料ともなり、自己啓発意識の醸成、モチベーション向上に資することができるようになることを目的とします。 

 こちらのリンクからご覧いただくことができます。
 社会福祉法人敬寿会キャリアパス