「草に すわる」・・・

 「草に すわる」 八木重吉

  わたしのまちがいだった

  わたしの まちがいだった

  こうして 草にすわれば それがわかる

 

 小学校一年生の孫の「こくご教科書小学一年生」の一頁です・・・

 人と言い争っているときは、自分が悪かったとはなかなか言えない・・・

 でも、一人になって草に座っていると、広い大地に比べて自分は、ちっぽけだな、と思えてくる・・・

 だから落ち着いて自分を振り返ることができる・・・

 みんなも、まちがいを認められる心の大きな人になろうね。

 小学一年生の本ですが、なかなかいいですね・・・

 

 
            私の絵


孫の絵

 三歳二か月の孫の絵ですが、親はその時どのような言葉をかけるのか・・・?と、・・・

 1.これは何?動物なの?花なの?

 2.この赤い色がきれい。ハッとするね。

 3.上手だね。もう一枚描く?

 4.ここにも色を塗ったら?

 1~4のなかでどの言葉かけがよいか?

 答えは2番です・・・

 「こころと頭を同時に伸ばすAI時代の子育て」から

2019.8.2 金澤