「十月・・・秋ですね」

 九月のカレンダーをめくると
「こけたら 立ちなはれ」松下幸之助の文字が、目に飛び込んできました・・・
そして、今日は12日
「情熱を 持っている人は、放っておいても成長します」と塩沼亮潤の日めくりの文字が

「立腰教育が人間の礎をつくる」の記事に・・・興味
仙台市にある、立華幼稚園の教育方針・・・
立腰とは腰骨を立てること・・・
腰骨とは人体の脊椎(上から頸椎、胸椎、腰椎)の腰椎のところ・・・
ここを意識して立てる姿勢のこと
・・・お尻を後ろに引き、お腹をグンと前に出す・・・
・・・心が毅然となり、素直な気持ちに・・・
ここから始まる・・・教育・・・です。

毎日、3分でも5分でも良いから「腰骨」立てて静かに座る・・・

1.人から呼ばれたら「ハイ!」と返事をする。
2.人より先に「あいさつ」をする。
3.脱いだ「はきもの」をそろえる。
この3つをしっかりやれば、他のしつけはできるようになります。
と、森 信三先生の提唱する「しつけの三原則」を掲げておりました・・・

「いやしくもわが身の上に起こる事柄は、
そのすべてが、この私にとって絶対必要で
あると共に、またこの私にとっては、最善」 森信三
の「最善観」という考えだと・・・。

                                      2020.10.12 金澤

PS:俳句会~・・・

境内の山門潜り初紅葉          薫

会議中仄かに香る藤袴           薫


秋の夜や笑顔絶やさぬ友の逝く       薫