「新年を迎えて・・・」

 皆様、「明けましておめでとうございます」と単純に喜んでいられない状況が日々続いております。
 令和三年が皆様にとって幸多い年になりますよう祈念致します。

 2021年一月、本日は小正月です。
あらためて、皆様、明けましておめでとうございます。
 昨日は、敬寿会の初代理事長(義理父)の命日でした。
葬儀の日の朝、あの阪神淡路大震災が起きました。
毎年、父の命日を迎えると大震災のことを思い出します。
何年か前に、震災追悼のキャンドルをしたことも思い出しました。それとともに、そのキャンドルを用意して下さった職員(運転手)さんのことも思い出されます・・・。今は亡き、その方に合掌です。
 今年から始まる大河ドラマの主人公 渋沢栄一のことがとても気になります。
コロナ渦の今、渋沢栄一の言葉(逆境を乗り越える)の見出しに、
本を購入致しました。
渋沢栄一といえば「論語と算盤」です・・・。
これからのアフター・コロナの未来は、・・・。
経営者は、変化する時代背景に合わせていく必要があると・・・。
「論語」と「算盤」、二つが両輪となって未来へ進むことが大切であると・・・。
 今年は、「心を磨く」ことが目標です。
 毎日、コツコツとくじけずに勉強していきます。

 本年も、どうぞよろしくお願い致します。

                  2020.1.15 金澤