俳句会から・・・

 今月も山形敬寿園では第192回目の俳句会がありました。
その中から、少しご紹介します。

 ◆書初めや生きると一字筆太に  忠雄

 ◆しんしんと雪は毎日降り続く  俊子

 ◆カーテンの隙より入る初明り  成岳

 ◆賀状書く傍で真似する孫ふたり  薫

 ◆手鞠歌途中忘れてしまひけり  正子

 日々の生活を、日記のように書き留めた俳句です。
皆さんも一句いかがですか。
山形敬寿園俳句愛好会まで、投稿してください。
ひとりでも、投稿してくれたら嬉しいな・・・
何か?プレゼント・・・ひとりごと・・・