初夏の風物詩 ~鮎を食べよう~ 相模原敬寿園

今年は当選致しました!!!

「ダイワ鮎マスターズ2017大会」の寄贈の鮎を使用し、鮎を食べよう会とし、その日に釣られたばかりの新鮮な鮎を、施設で塩焼きにし、ご利用者様に召し上がって頂くというレクリエーションを実施致しました。

約200匹の新鮮な鮎を頂戴し、写真のように串刺しや炭火焼の準備を始め、、、

 

いよいよ鮎の塩焼きを実施します!

 

 

鮎の塩焼きが開始され、順々にご利用者の方々も見学にいらっしゃり、焼きたての鮎を召し上がって頂きました。

季節の風物詩とも言われる鮎を、生の状態からご利用者様の目の前で塩焼きにし、その場で召し上がって頂くことで、おいしい鮎を食べるだけでなく、夏ならではの季節感も味わって頂けたと思います

 

曇り空も吹き飛ぶような、晴れ晴れとしたご利用者様の様子を拝見することができ、職員一同やりがいのあるレクリエーションを行えました。