第16回 かながわ高齢者福祉研究大会 相模原敬寿園

 

 

7月に、第16回かながわ高齢者福祉研究大会に、今年は相模原敬寿園より2チームが参加をして参りました。

題材として「人はいつまでも成長したい」「生活支援における24Hシートの活用」の2つを挙げており、職員が日頃ご利用者様と接するなかで、QOL向上に繋がる内容を話し合い、題材毎に資料をまとめ本番に臨みました。

相模原敬寿園では研究大会への参加を通じて、ご利用者様に寄り添ったサービス提供のために研究を行うことで、職員間の士気も高まり、準備期間や本番と、非常に活気付いた活動となりました。

これからも、相模原敬寿園ならではの、ご利用者様への思いを継続して持ち、日々接していきたいと思います。

 

また、同日に就職相談コーナーにも参加しております。現在も、相模原敬寿園ではご利用者様のために共に仕事をしたい方を広く募集しております。この記事を見て興味を持たれた方は是非当施設までご連絡頂きたく思います。