ご利用者様の命を守るため「防災研修」

防災訓練の一環として「防災研修」を実施しました。

毎年4回の防災訓練を相模原敬寿園では行っておりますが

防災委員会や防災の担当者だけが防災活動を熟知していても

施設の防災対策は不十分です。

”全職員”が防災活動について施設職員として同じ認識をしっかりと

持ち、”全職員”が実践できるよう体制を作る必要があります。

今年度は、防災訓練(避難訓練)を行う前に、研修会の形として

時間を設け、各ユニット・部署の代表者がしっかりと自身のユニット職員

へ伝達できるきっかけを作りました。

今後も、ご利用者様の命を守るため、職員自身の命を守るための

活動に力を入れていきたいと思います。