山形の秋を相模原へ! 芋煮会の開催

相模原敬寿園では今や秋の風物詩

”本場 山形の味を相模原に届けます”

毎年大盛況の芋煮会を今年も実施しました。

 

芋煮の調理は、ご利用者様と職員、そして利用者様のご家族様が

一緒になって行い、相模原敬寿園全員が一丸となって芋煮を作りました。

本場、山形の味を再現するため、材料や調味料にこだわり

”どうしたら美味しくできるか”に試行錯誤し調理を行い、

毎年恒例の”本場 山形の芋煮”を皆様に召しあがって頂くことができました。

560食分の芋煮を用意しましたが、行事が終わった時点ですべて完食するといった、大満足する行事となりました。参加された方の中には、近隣にお住まいの方もおり「毎年この芋煮会を楽しみにしています」という方がおられ、改めて地域の方との繋がりを実感しました。

 

ご利用者様からも絶大な人気を持つ「勝坂おどり愛好会」の皆様に演舞を披露して頂き、今回も、華やかな衣装を身にまとい、会場を盛大に盛り上げて頂きました。

 

回数を重ねる毎に、相模原敬寿園の芋煮会はより良い進化を遂げておりますが、また来年、更に楽しいひとときを過ごして頂ける芋煮会の開催に力を入れていきます。