4月の施設長 その2

 今回は、私の趣味の一つである読書から4月に読んだ本で印象に残っている本を紹介します。1冊目は仕事の上で大変参考になった本で「介護現場のクレーム・トラブル対応マニュアル」高頭晃紀です。現場で実際に携わっている職員の方も記述しており、認知症の方への対応など具体的でわかりやすいと思います。施設の職員にもエッセンスを伝えていきたいと思いました。

 もう一冊は全くのエンタメですが、「東京湾臨海署安積班 道標」今野敏。著者は警察小説のシリーズ物が得意の作家ですが、人物の造形が分かりやすく会話の記述も多いのでとても読みやすい作家です。本作もシリーズ物で、佐々木蔵之介主演でテレビドラマにもなっています。初めて触れる人でも違和感なく読めると思いますし、他の作品も読んでみたいと思うのではないでしょうか。本が苦手な人でも人間関係の機微が描かれていて読みやすいのでお勧めです。