5月の施設長 今月のおすすめ本!

 5月はゴールデンウィークもあってたくさん本が読めるはずでしたが、家の手入れに時間がかかり10冊しか読めずに残念でした。仕事関係では「本当は恐ろしい床ずれ」(褥瘡対応の参考になりました)と「特別養護老人ホームは「理念」で生き残る」(アクティビティの考え方は参考にしたいと思います)。

 5月に読んだ本で面白かったのは「ぐるぐる博物館」三浦しをん。著者は本屋大賞の「船を編む」で有名になりましたが、箱根駅伝をテーマにした「風が強く吹いている」でファンになりました。公立私立を問わず様々な博物館を訪問したレポートです。脱力系の文体がリラックスでき、行ってみたいと思わせる内容になっています。