7月の施設長 今月のおすすめ本!

 7月はそんなわけで講義のテキストを読み込むことが中心でその他の本を読む時間が取れませんでした。

 数少ない本の中でも面白かったのが、「教場0」長岡弘樹と「世界まちかど地政学」藻谷公介。

 前者はシリーズもので警察学校の教官が主人公。今回はタイトルのように警察学校の教官になる前の警察署での刑事の指導が中心の短編集です。

 後者は毎日新聞のWEBサイト(経済プレミア)で連載しているリポートを本にしたもの。

 サイトの方が写真も多くわかりやすいと思いますが、あまり縁のない国の話もあって楽しめました。

 著者は「デフレの招待」や「里山資本主義」のベストセラーを出していますが、こんなに色々な国に行っているとは驚きでした。