10月の施設長 今月のおすすめ本!

毎月10冊は読みたいと思っている本ですが、今月も目標には達しませんでした。今月の本では、「ボクらが毎日やっている最強の勉強法」佐藤優、池上彰。知識を増やしたり、情報をどのように収集するか参考になりました。

「天子蒙塵」第三巻、浅田次郎は「蒼穹の昴」から始まった清朝末期シリーズの第5弾でいよいよ第四巻で完結かと寂しさを感じながら、そしてラストエンペラーの溥儀がどうなっていくのか楽しみながら読みました。

最後は「日本史のツボ」本郷和人、天皇や宗教、軍事など7つのテーマに沿って日本史を俯瞰しているところが斬新で日本史を学びなおすのに好著だと思いました。