11月の施設長 今月のおすすめ本!

 最近は帰宅すると怠ける癖がついてしまって読書の時間はほとんど通勤時間帯しかない(読書の秋だったのに!)ので(昼休みも落ち着いて本を読んでいる暇がなくなりました)読書量が減ってしまいました。

 大河ドラマもいよいよ最終盤となり西郷どんともお別れですが、幕末関連で「明治維新の正体」鈴木壮一と「素顔の西郷隆盛」磯田道史が最後の意外な素顔を知ることができて面白かったです。

 仕事関連では、「結果を出すリーダーの選択」上田比呂志。二者択一の質問形式でどちらの選択が結果を出せるかを解説し、とても分かりやすかったです。一テーマについて3~4ページほどですので時間がない人でも読みやすいと思います。

 また、「老いる勇気」は「嫌われる勇気」でベストセラーになった岸見一郎氏の著書で老境に入いりつつある我が身にはとても参考になりました。高齢者介護の参考になるかも?しれません。