中国・上海医薬学校の視察

 8月22日(木)中国上海医薬学校の学生9名、教師2名、通訳1名総勢12名が埼玉さくらんぼ館に施設の為来館しました。9名の学生は高校生で、介護の仕事に希望している学生です。介護の技術や介護機器の優れている日本を視察することを目的に来日しました。

 当日は、法人及び施設の説明を1時間程した後施設見学をしました。それぞれのユニットが工夫を凝らし利用者対応をしていることに感心していました。小規模多機能事業所では、ご利用者と学生の歌の交換(利用者:ふるさと、学生:時の流れに身をまかせ)があり和気あいあいのひと時を過ごしました。また、機械浴やチェアインバス、リフト付き車両への関心が高く多くの質問がありました。

 

 今回、国際交流が図れたことは大いに意義があり今後も積極的にかかわりを持っていきたいと思います。