上和泉西部自治会 地域一斉清掃に参加しました

 平成29年12月10日(日)、穏やかに晴れた冬日和のもと、横浜敬寿園が所属する上和泉西部自治会で行う地域一斉清掃に参加しました。

 普段何気なく通る道には、お菓子の袋、空き缶、空き瓶、ペットボトル、発砲スチロールなど様々な物が落ちていて、その量にビックリしました。

 そして、昨年も感じたことですが、相変わらずたばこの吸い殻の多いこと!

 2003年5月に施行された健康増進法により、公共施設や飲食店など至る所で受動喫煙対策が講じられ、喫煙者にとって肩身の狭い時代になったとはいえ、ポイ捨てしていいことにはなりません。

 マナーを教えるべき私たち大人がゴミを捨てている姿を、もし自分の子供が、地域の子供が見たらどう感じるでしょうか。捨てている姿を子供に見られたらあなたはどう思うでしょうか。自分の家の前でも同じことができるのでしょうか?

 改めて、人のマナーがきれいな町をつくるんだなと感じました。

 私たちが毎日生活している町がきれいになって、日曜日の朝からすがすがしい気持ちになりました。

           あっという間にこれだけのゴミが!

  消火器や家電まで!?