ドッグセラピーを開催しました

 令和元年9月10日に多目的ホールにて、アニマルセラピストの梅宮さんとセラピードッグのらんちゃんをお迎えして、当施設初の試みとなるドッグセラピーを開催しました。

 「お手」「お座り」「伏せ」はもちろん、声をかけると駆け寄ってきてくれたり合図に合わせてジャンプしたり、梅宮さんの言葉や動作をきちんと理解していて感心するばかりでした。参加されたご入居者は皆さん、らんちゃんとの触れ合いで自然と笑顔になり、とても楽しんでいらっしゃいました。  

 

 

 アニマルセラピーには、身体機能の向上、意欲向上、免疫力アップなど様々な効果があると言われています。今回、このような効果を期待しながら心の癒しを与えてあげて、少しでも豊かな生活を送っていただきたいという職員の提案により実現に至りました。

 開催にあたって、ご入居者の中に動物が苦手な方や衛生面で抵抗のある方はいないか、アレルギーの有無、会場をどこにするかなど事前に確認し、ご家族の同意を得たうえで開催しました。

 非常に好評だったため、2回目の開催に向けて鋭意計画中です。1度に参加できる方が限られますので、頻繁に開催して、できるだけ多くのご入居者に触れあっていただけるよう継続していきたいと思います。  

 梅宮さん、らんちゃんありがとうございました!(すぐお呼びすることになると思いますが)またのご来園をお待ちしております!