今年も参加「地域の一斉清掃」

 令和元年12月1日、毎年恒例の地域一斉清掃に参加しました。

 今年は例年に比べて、落ちているゴミが少ない感じがしました。それよりも、道路の至る所に設置された排水口に泥や落ち葉が溜まっていて、地域の方々もゴミ拾いというよりは泥撤去に追われている姿が印象的でした。今年は9月、10月に立て続けに大型の台風が通過したので、そういう影響もあるのかもしれません。まぁ、タバコの吸い殻は相変わらず多かったですが…。

 私たちのマナーがきれいな町をつくり人の心をきれいにする。そして、大人のモラルが子供の良識をつくるのではないでしょうか。

 清掃に参加するたびに思います。「子供たちの良い模範であり続けたい」と。

 私たちが毎日生活している町がきれいになって、日曜日の朝からすがすがしい気持ちになりました。