写真_横浜敬寿園

施設長あいさつ

 

 大切な人たちへ、

 

 横浜敬寿園はスタッフ一同、共通の思いを持っております。

「ご入居の皆様の良き友人と思っていただけるように、お手伝いしたい」

 

 友人とは、日本人なら誰もが知っている言葉です。

 しかし、友人とは何でしょうか?

 相手の懐に飛び込み、打ち解け、仲良く話が出来る関係。

 確かに・・・それは重要なことです。

 しかし、それが全てなのでしょうか・・・

 「相手に対し尊敬の念を持って、敬いながら接してまいります」

 仲良くさせていただくことと、馴れ馴れしい関係とを混同せぬ様、接してまいります。

 時には耳の痛いことを申し上げるかもしれません。目上の方にご要望を頂戴すると、断りがたいところでもありますが、特にお体を第一に考えて、助言させていただくこともあります。

 これから先、可能な限り穏やかで、日常のちょっとしたことに喜びや楽しみを感じながら生活していける様、横浜敬寿園スタッフ一同、お手伝いをさせて頂きます。

 ・・・これまで永き道を歩んでこられた皆様に、

人生終盤の良き友人として・・・

 

                                             横浜敬寿園 

                                                施設長 樫尾 潔