だいじょうぶ だいじょうぶ・・・

 前回に引き続き 絵本をご紹介します・・・

だいじょうぶだいじょうぶ いとうひろし作

 ぼくとおじいちゃんは 毎日のように

 お散歩を楽しんでいました・・・

 家の近くをのんびり歩くだけの散歩・・・

 ぼくの世界はどんどんひろがる・・・

 新しい発見や楽しい出会いが・・・

 でも 困ったことや怖いことに出会う・・・

 なんだかこのまま大きくなれそうにない・・・

 だけど その たびに おじいちゃんは

 ぼくの てを にぎり

 「だいじょうぶ だいじょうぶ」と・・・

 おまじないのように つぶやくのでした・・・

 

 ぼくも だんだん 大人になり 社会人になり

 あるとき・・・

 おじいちゃんは ベッドにいました・・・

 ぼくは おじいちゃんの手をとり

 「だいじょうぶ だいじょうぶ」といいました・・・

2018.9.5 金澤