6月の施設長 一日中職員面談でてんてこ舞い

 敬寿会では6月と12月の賞与時期に合わせて人事考課を行っています。ユニットのリーダーなど直属の上司やその上司が一次や二次考課者になり、最終的には施設長が人事考課を決めることになっています。埼玉さくらんぼ館では本人へのフィードバックのために、面談を行うことにしています。約60人の職員と30分程度ずつ面談しますので2週間ほど面談でかかりきりになります。

 ほぼ休憩もなく連続しての面談で大変ですが、職員との貴重な話し合いの機会ですし、職員の率直な意見も聞ける良い機会となっています。面談では改善点よりはむしろ、本人の頑張っているところや良い点を積極的に伝えるようにしています。