写真_東京敬寿園

施設長あいさつ

 東京敬寿園が開設して18年目を迎えることができましたのも、皆様のご理解とご協力の賜物と感謝いたします。

 今年は「ねずみ年」で十二支のスタートの年でもあり、たくさんのことが始まる年で、特には何と言っても7月に開幕を控えた東京オリンピックは世界中が注目しているビッグイベントでした。しかし、新型コロナウイルスの世界規模での感染の影響で1年延期されることになりました。1月8日には東京都をはじめ、関東3県に「緊急事態宣言」が再発令され、1月14日には2府5県にも再発令され、各方面に多大な影響を与えてます。

 2月7日に宣言の解除を予定していますが、延長の可能性が高いように感じております。

 東京敬寿園では感染防止対策を継続し、引き続き家族等の面会及び業者の出入りを制限させていただいております。我々職員も不要不急の外出及び3密(密集・密閉・密接)を避け、感染しないよう細心の注意を払っております。皆様にはご不便をおかけし、申し訳ございません。面会の再開につきましては、関係機関の情報を得ながら進めて参ります。

 1日も早い終息を祈りつつ、何より利用者が安心して安全に生活できるように、より一層気持ちを引き締めて取組んでいきます。

東京敬寿園 施設長 遠藤 聡理

 

20140422