職員紹介 – 社会福祉法人敬寿会|山形・宮城・東京・神奈川・埼玉|特別養護老人ホーム、介護施設、ショートステイ

山形敬寿園

鈴川敬寿園

沼木敬寿園

仙台敬寿園

アルカディア仙台敬寿園

埼玉さくらんぼ館

東京敬寿園

葛飾敬寿園

横浜敬寿園

相模原敬寿園

職員紹介

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0915-3-1-280x233-1.jpeg

金澤 康裕

事務局長(兼)総務部長
地域包括支援センター長
介護予防・日常生活支援総合事業統括管理者
作業療法士

令和3年4月1日付で法人の「事務局長」を拝命いたしました。
事務局長は、理事長・副理事長・常務理事の命を受け、法人の本部事務局及び各施設(11施設・81事業所・職員約900名強)を統括管理する重要な立場です。
業務においては、自身の職責を十分に理解し、法令を遵守しながら、敬寿会で働く職員一人ひとりが輝ける職場環境の整備、ご利用者様・ご家族様に喜んでもらえる施設づくりに力を注いで、より良い敬寿会を作っていきたいと思います。
【簡単に私のプロフィールをご紹介いたします。】
私は、山形県内の高校を卒業後、4年課程の専門学校(作業療法学科)へ進学し、「学業」と「敬寿会での介護・機能訓練・事務・宿直等」のアルバイトをしながら学校を卒業しました。
卒業後、作業療法士の国家資格を取得した後は、数年間、山形県内の総合病院で「急性期・回復期・療養病棟、リハビリセンター(外来リハビリ)、精神科病棟・認知症治療病等」で勤務し、平成23年4月に敬寿会へ戻ってまいりました。
私は、敬寿会での第一号となる「リハビリテーションの専門職 作業療法士(機能訓練指導員)兼 業務主査」として入職しました。数年間は、利用者様への機能訓練や各施設職員へのリハビリテーション専門職の視点を取り入れた移乗介助方法の指導、利用者様の残存能力を活かしたリハビリ・介助方法の指導、ポジショニング・リラクゼーション・ROM-ex、ストレッチ、ADL・IADL場面での環境設定の指導等に関わっておりました。
私は、近い将来、「介護」と「医療」の連携は特に必須の課題となると考え、法人内で働くリハビリテーション専門職の環境整備、採用に力を注ぎました。その成果も実り、11年目を迎える令和3年度には、特養・デイサービス・ケアハウス・総合事業・訪問看護リハビリステーション等で「30名を超えるOT・PT・ST」が在籍する法人へ成長しました。
(※全国の社会福祉法人で比較してもトップクラスになったと認識しております。)
さらには、介護福祉士・看護師・社会福祉士・介護支援専門員・管理栄養士等の働く環境の整備にも特に力を入れて改革を行ってまいりました。
私が入職した当時は、法人全体で約300人強の職員数でした。そこから、毎年のように新規事業の計画・実行を行い、合わせて職員数百人~千人以上の職員面接・採用業務にも関わってまいりました。お陰様で11年目を迎えるにあたり、職員数は「900名」を超え、経営状況としてもコロナ禍で大変な苦労はありましたが、法人発足以来で過去最高収益を達成することができました。
これからも敬寿会が展開する地域において、利用される皆様から喜ばれるサービスの提供と働く職員が「輝き」、「やりがいと誇り」を持って働ける「職場環境整備」にさらに力を入れて取り組んでまいります。今後とも皆様のご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

≪福祉団体活動 略 歴≫
平成29年7月
 仙台市地域密着型事業連絡会 副会長
令和元年7月
 東北ブロック認知症グループホーム連合会 副会長
 東北ブロック小規模多機能型居宅介護連絡会 副会長
令和3年4月
 山形県認知症高齢者グループホーム連絡協議会 副会長
 山形県社会福祉法人経営者協議会
 山形県社会福祉法人経営青年委員会 副委員長
令和3年5月
 全国社会福祉法人経営青年会 中央推薦委員

≪その他の団体活動 略 歴≫
令和 3年4月
 ライオンズクラブ国際協会332-E地区
 山形羽陽ライオンズクラブ 理事(元会長)
 小学女子ソフトボール大会担当委員会 委員長
令和3年7月
 ライオンズクラブ国際協会332-E地区
  山形羽陽ライオンズクラブ 幹事

阿部 吉友

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7c5acd719cb85f1e64270a5cc7ec07f5-2.jpg

総務部長補佐 兼 事業課長
東京敬寿園 副施設長
作業療法士

平成26年1月から当法人にて勤務しております。山形市の作業療法士養成校を卒業し、5年間ほど福島県の病院で勤務しておりました。現地で東日本大震災を被災した経験から、人と人とのつながりの温かさを肌で感じ、より深く他者を思いやることの大切さを学びました。
私の役目は、当法人が11拠点で運営する81の事業(所)を通して、地域の皆様へ、安心安全で優良なサービスをお届けすることです。既存事業の持続的発展はもちろんのこと、地域ニーズに沿った新規事業のスタートアップ、働きやすい職場環境の構築、職員一人ひとりのスキルアップをサポートしていきます。OTとしての経験を活かして、利用者様・職員の皆様の「その人らしさ」を引き出し、「QOL(生命の質)」を維持・向上できるように努めてまいります。皆様から選んでいただける法人・施設を目指して日々の業務に励んでまります。よろしくお願いします。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0866-1.jpg

菅野 尚典

総務課長 (総務・財務 担当)

令和3年4月1日より経理・財務中心に法人全体の事務領域全般をお預かりすることになりました。
利用者様や職員が目に映るところにいないところで、どこまでその方々の思いや気持ち、立場を第一に考えて仕事ができるのか不安ですが、1日1日、自問自答しながら間違ったスタンスで仕事をすることがないように十分留意していきたいと考えています。
法人本部の役割は支配・統制ではなく、支援・統率だと考えます。各施設との対話と情報共有を大事にしながら、法人本部と各施設のあるべき良好な関係・体制構築のお手伝いをしてまいります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0874-1.jpg

中嶋 幸二

総務課長代理 (総務・財務 担当)

平成31年4月1日付で施設より異動となりました。
これまで施設では、利用者様・ご家族様・地域の方々・職員との関わりの中で業務を行ってまいりましたが、今後は本部として施設との関わりが主となり、また別の視点が問われてくると思います。
これまでもそうですが業務を行う上で、大事にしてきたことはバランスをとること。今後は施設とのバランスをうまくとり、安定した施設運営に一助できるよう、またそこから施設入居者・利用者の安定に繋がっていければと感じております。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC05583-180x256-1.jpg

飯田 祐太

事業主査
統括機能訓練指導員
(理学療法士・介護支援専門員)

平成28年3月から当法人で勤務しております。 山形市の理学療法士養成校を卒業し、栃木県宇都宮市の病院で理学療法士として勤務しておりましたが、地元である山形で、微力ながら力を注ぎたいと思い帰郷して参りました。
現在、山形敬寿園と兼務しておりますが、本部事務局では、統括機能訓練指導員として、法人全体の機能訓練に関わらせて頂いております。また、ICT化関連及び外国人材関連(特定技能実習・技能実習)についても、担当させて頂いております。様々な分野や事業に関わりを持ち、利用者様、また職員が明るく笑顔でよりよい生活を送ることができるように、精一杯業務に取り組んでいきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

Follow Us  Twitter Facebook Instagram

各種お申込みはこちら

Lineで相談!

Line
友だち追加