「十二月の俳句」 – 社会福祉法人敬寿会|山形・宮城・東京・神奈川・埼玉|特別養護老人ホーム、介護施設、ショートステイ

山形敬寿園

鈴川敬寿園

沼木敬寿園

仙台敬寿園

アルカディア仙台敬寿園

埼玉さくらんぼ館

東京敬寿園

葛飾敬寿園

横浜敬寿園

相模原敬寿園

写真_理事長の部屋

「十二月の俳句」

2021.12.23

 今日は冬至、小豆南瓜を食べて、風邪にも負けず、コロナにも負けず・・・
そして、ゆず湯に入って厄払いをしようと思います。
 今夜は、納豆汁がいいわね・・・。

 今月も、俳句会がありました。兼題は「年用意」または自由句・・・

 仏壇の燭台磨き年用意        薫

 いつになき留守電多き年の暮     薫

 葉牡丹を寄せて囲みて整へて     薫

 師走の街は、何となく気ぜわしく・・・あれもこれもと・・・やり残したことが頭に浮かび・・・先ずは、仏壇の埃をはらい、蝋燭立てを磨きました・・・

2021.12.22 理事長 金澤

Follow Us  Twitter Facebook Instagram

各種お申込みはこちら

Lineで相談!

Line
友だち追加