看護職員 – 社会福祉法人敬寿会|山形・宮城・東京・神奈川・埼玉|特別養護老人ホーム、介護施設、ショートステイ

採用特設サイト

看護職員

職種紹介 看護師

施設看護師について

施設看護職員は、特別養護老人ホーム、認知症高齢者グループホーム、軽費老人ホーム、デイサービス、小規模多機能型居宅介護支援事業所などに勤務しています。

主に施設に入居しているご入居者の健康管理や、薬の管理(投薬管理)などを行っています。

介護職員が日常生活のサポートをするのに対し、看護師は医療や看護の立場からご入居者をサポートしています。

さらに、医師とご入居者の間で調整を行い、安全で質の高いサービスを提供するために介護職員をはじめ多職種と連携を図り、チーム医療を行う一員として多職種の人たちと常にコミュニケーションを取りながら業務を行っています。

主な仕事内容

施設看護師のメリット

残業なしで定時に帰れることが多い

病院では、急な入院対応のため定時を過ぎていたということもありますが、介護施設の場合は急に入居者が入ってくるということはありません。そのため、残業なしで定時にあがれることが多く、お子さんのお迎え時間が決まっているという方でも安心して働ける環境です。プライベートと仕事を両立させやすい職場です。

病院に比べて体力を使う業務が少ない

介護施設では、ご入居者のケアは介護職員が担当するため、看護師は体力を使う仕事が少なくなります。病院での看護業務は意外に肉体労働が多いため、体力的に難しくなってきた方でも安心して働いていただけます。育児休業や介護休業制度、さらに育児短時間・介護短時間制度も整っていますので、ライフスタイルに合わせて働きやすい環境です。

訪問看護師について

訪問看護でのサービス内容は、ご利用者の日々の健康管理からターミナルケアを行っています。

利用者ご本人とご家族の希望と状況に応じて、医療的視点とご利用者・ご家族に寄り添った視点、どちらも持ち合わせた対応をしています。

主な仕事内容

など

訪問看護師のメリット

ご利用者と時間をかけて1対1で向き合うことができる

病院の大勢いる看護師のうちの一人ではなく「訪問看護師の◯◯さん」として、ご利用者の生活に時間をかけてじっくり関わることで、その人の人柄や人生にも触れることができます。訪問看護の醍醐味と言えます。

介護予防〜高度医療まで幅広い知識が身につく

小児から高齢者、介護予防から高度医療まで、診療科の枠を超えて関わるため幅広い知識や対応力が身につきます。

夜勤がなく労働日数・時間の調整がしやすい

夜勤がない代わりにオンコールがありますが、交代制で頻度も少ないので夜勤よりも負担が少ないです。また、午前/午後だけの訪問や週3日勤務などの調整がしやすく、プライベートと仕事を両立させやすい職場です。

 

Follow Us  Twitter Facebook Instagram